【都市伝説】ある女が語る壮絶な過去と自責の念。もういいかい〜まあだだよ〜【朗読】

「もういいかい」
「まあだだよ」
 子供がかくれんぼをしているのね。そんな声を聞くのはひさしぶり、なつかしいわ。
あら、そこのあなた、通りかかったのも何かの縁、私の話を聞いてくださらない? こうして毎日動かずにいると、さすがに少し退屈してしまって。これから話すことは多分退屈ではないと思うけれど。

———-
どこからか、語りかけてくる「女の声」が、
その女の切ない人生と壮絶な過去をあなたにものがたります。

いらっしゃいませ。
『オカルト古書店 うしみつ堂』へようこそ。

当店で取り扱う、怪談・心霊・都市伝説・意味が分かると怖い話・本当にあった怖い話などの蔵書から、選りすぐりの題材を朗読した動画をお楽しみください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP